【プレサミットイベント第2弾】「ランタン風土器作り体験」を開催しました!

令和6年6月8日(土) 、「ランタン風土器作り体験」を開催しました!!
子どもも大人も、たくさんの皆さまにご来場いただき大盛況でした。
土器を作ってくださった皆さま、ありがとうございました!!

本日皆さまに作っていただいた土器は、7月15日(月・祝)に開催される
「とうや湖縄文まつり」で野焼きした後、8月12日(月・祝)に開催される
「ナイトミュージアム」で、夜の遺跡のみちしるべの明かりとなります☆

今年は10月7日(月)、8日(火)に「縄文シティサミットinとうや湖」を開催します。
サミット開催に向け、プレサミットとして様々なイベントを開催します。
「ランタン風土器作り体験」はその第2弾でした。
7月には「とうや湖縄文まつり」や「夏休み縄文体験」を予定しています!
詳細はこのホームページ、洞爺湖町ホームページ、洞爺湖町公式LINE等でお知らせ
しますのでお楽しみに☆

洞爺湖町ホームページ
http://www.town.toyako.hokkaido.jp/

洞爺湖町公式LINE
https://lin.ee/P10VzBT

 

  

   

  

 

北海道縄文のまち連絡会からのお知らせ      釧路で『考古学カフェ2024』を開催!!

北海道各地の「縄文」を1日で体験してみませんか?

北海道縄文のまち連絡会は、縄文遺跡のあるまちが集い、ともに協力しながら縄文に学ぶことを目的に、北海道内30の自治体で構成されています。

その取り組みの一つが、毎年恒例のイベント「考古学カフェ」です。

これまでは札幌市で開催していましたが、今年は会場を変えて、2023年新加盟の釧路市で初開催!

洞爺湖町の入江・高砂貝塚からの出土品も展示されます。何が見られるかお楽しみに☆

 

〇と き 令和5年6月15日(土) 10:00~17:30

〇ところ イオンモール釧路昭和 1階サンコート(釧路市昭和中央4丁目18-1

〇内 容 縄文のまち遺跡紹介・出土品展示、勾玉づくり体験コーナー、縄文フィッシングなど

 

6月15日は、イオンモール釧路昭和でお会いしましょう!

詳しくは北海道縄文のまち連絡会のHPへ 
【北海道縄文のまち連絡会のHPはこちら】

 



 

 

こどもの日縄文あそびフェスタinとうや湖 開催しました!

令和6年5月5日(日・祝) こどもの日、縄文あそびフェスタを開催しました!!
たくさんの皆さまにご来場いただき大盛況でした。
ご来場ありがとうございました!!

縄文のくらし体験では、新しくなった竪穴住居に縄文人が登場!!
子どもたちに縄文文化を伝えた後は、おみやげのプレゼントを配って、季節外れ
のサンタクロースのようでした。。。
縄文体験では勾玉作りが大人気でした☆

今年は10月7日(月)、8日(火)に「縄文シティサミットinとうや湖」を開催します。
サミット開催に向け、プレサミットとして様々なイベントを開催します。
縄文あそびフェスタはその第1弾でした。
6月には「ナイトミュージアムのためのランタン風土器作り体験」を予定しています!
詳細はこのホームページ、洞爺湖町ホームページ、洞爺湖町公式LINE等でお知らせ
しますのでお楽しみに☆

洞爺湖町ホームページ
http://www.town.toyako.hokkaido.jp/

洞爺湖町公式LINE
https://lin.ee/P10VzBT

ゴールデンウィーク期間中の開館日のお知らせ

ゴールデンウィーク期間中、入江・高砂貝塚館と入江貝塚の露出展示施設(貝塚トンネル)の
開館スケジュールは下記の通りとなります。
お越しの際はお間違いの無いよう、よろしくお願いいたします。

 

4月27日(土)~4月29日(月) 通常開館 
4月30日(火) 終日休館
5月 1日(水)~5月 6日(月) 通常開館
5月 7日(火) 終日休館

 

まだ風が冷たい日がありますが、暖かくなってまいりました。
入江貝塚公園では、つくしが可愛らしく育っています☆

 

 

 

北の縄文カード配布中!

★令和6年4月2日から、北海道内にあるのユネスコ世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の

 各構成資産のガイダンス施設で「北の縄文カード」を配布しています!

 

★入江・高砂貝塚館では、入江貝塚から出土した遺物のカードを配布しています。

 何の遺物が載っているかは、ゲットしてからのお楽しみ⭐︎

 無くなり次第配布終了となりますので、是非お早めにお求めください!!

 

★デジタル版は、館内に据え置いてある「北の縄文カードPOP」のQRコードからどうぞ!!

 

★詳しくは「北の縄文ポータルサイト」をご覧ください。

 https://kitano-jomon.jp/news/5853/

 

 

 

今年も貝塚トンネルがオープンしました!

★毎年、冬季期間は閉鎖している入江貝塚の露出展示施設(貝塚トンネル)が4月2日からオープンしています。

 皆さんは地面に埋まっている貝塚をご覧になったことがありますか?

 ここではトンネルの中を通り、貝塚の断面を見学することができます。

 冬の間は積雪により閉鎖するため見学できない施設です。是非足を運んでご覧ください!

  

 

★入江貝塚の竪穴建物の立体表示(復元)も新しくなりました!

 中に入ることもできますので、縄文人の生活を想像してみてはいかがでしょうか?

 

 

★高砂貝塚公園も雪が溶けました。

 お散歩にいかがでしょうか?

 

 

 

 

「ナチュの森で縄文にであう展」(白老町開催)のお知らせ

白老町にある「ナチュの森」で、縄文を特集した特別展が始まりました!
北海道の縄文の宝が集結し、入江貝塚の
シカ角製釣り針やモリなども見ることができます。
「はじめての縄文」をわかりやすく、楽しく知ることができる展示となっています
ので、ぜひ、お出かけください!

詳しくは公式HPへ!→→縄文にであう展(ナチュの森)

〇会 期 2024.3.15(金)~9.30(月)

〇時 間 10:00~16:00

〇会 場 ナチュの森(白老町字虎杖浜393-12)

 

 


 

「第70回文化財防火デー」を開催しました

令和6年1月27日(土)、入江・高砂貝塚館にて「第70回文化財防火デー」を開催しました。

文化財防火デーは、昭和24年1月26日に法隆寺の壁画が火災により焼失したことをきっかけに始まった、文化財防火運動です。

当日は、小学生を含む20名が参加して、西胆振行政事務組合消防本部の協力のもと、避難訓練や消火訓練を行いました。

訓練が終わった後は、アプタ・フレナイの会の指導で、縄文体験として竪穴住居の模型作りに挑戦しました。参加したみなさんは屋根を工夫したり、好きな木を植えたり、思い思いの家を完成させました。

 

 


 

アプタ・フレナイの会 秋の高砂貝塚清掃活動実施!

令和5年9月18日(月・敬老の日)、アプタ・フレナイの会が、秋の遺跡保全活動として、高砂貝塚の清掃を行いました。

暑さもやや落ち着いた秋晴れの中、アプタ・フレナイの会や町民の皆さん12名が参加して、高砂貝塚にある現代のホタテ貝で復元した貝塚の草取りを行いました。

また、スムーズに見学できるよう、園路の雑草も除去し、整備しました。

整備を終えて、真っ白な貝塚がよみがえり、分かりやすく見学することができるようになりました。

 

清掃活動に参加いただいた、アプタ・フレナイの会の皆さん、町民の皆さん、ありがとうございました!



 


 

入江・高砂貝塚の多言語ガイドブック配布中!

入江・高砂貝塚を存分に楽しんでもらえるよう、多言語ガイドブックを発行しました。

日本語のほかに英語、簡体字、繁体字、韓国語の5言語に対応しており、入江・高砂貝塚館で無料配布しています。

2つの貝塚や縄文文化のおもしろさをわかりやすく伝えています。

ガイドブックを片手に入江・高砂貝塚をお楽しみください!

 


 

アプタ・フレナイの会 高砂貝塚清掃活動実施!

 

令和5年4月10日(日)、アプタ・フレナイの会が、遺跡の保全活動の一環として、高砂貝塚の清掃活動を行いました。

少し肌寒い中、参加した15名が高砂貝塚公園内のゴミや、「縄文の森」に散乱している木の枝を拾い集めました。

また、園路に近い場所に倒れかかっていた木々も、安全に見学できるよう、整備しました。

きれいになった貝塚公園で、皆様のお越しをお待ちしています。

 

清掃活動に参加いただいた、アプタ・フレナイの会の皆さん、ありがとうございました!

   

 


 

入江貝塚の貝塚露出展示施設 本日開設しました!

 ようやく春が深まってまいりました。

 冬期間の積雪のため閉じていた入江貝塚公園にある貝塚露出展示施設(貝塚トンネル)は、本日 令和5年3月29日(水)をもってオープンいたしました。高砂貝塚では福寿草も咲いていました!

 今年も、世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産 入江・高砂貝塚、入江・高砂貝塚館とあわせてみなさまのご来場をお待ちしております。

 ※入江・高砂貝塚館は、今年も通年開館をいたします。

     春を迎えた入江貝塚   

 

         

 

     

 


 

「TOYAKO縄文ガイドの会」が発足しました

 令和5年3月26日(日)、「TOYAKO縄文ガイドの会」の設立総会が開催されました。

 昨年、入江・高砂貝塚へ来訪された団体等へのガイドを担っていただいた方々が中心となり、年末から3回の意見交換を重ねて、会の設立に至りました。

 総会では規約の制定、役員の選出、事業計画などが審議され、すべて承認されました。

 世界文化遺産の構成資産である入江・高砂貝塚をより多くの方々に知っていただき、価値の伝達や情報発信などの活動を通じて地域に暮らす人たちの郷土愛の醸成や訪れる方々の満足度の向上を目指してまいります。

 

 


 

「JOMON世界遺産講座&JOMON体験事業in洞爺」を開催しました

令和5年3月25日(土)10時から12時まで、洞爺総合センターにて「JOMON世界遺産講座&JOMON体験事業in洞爺」を開催しました。

世界遺産に関するお話と勾玉づくりなどの縄文体験、出土した土器や石器、動物の骨などを展示しました。

当日は約40名の方々が来場し、勾玉づくりや縄文パズル、ホタテガイ神経衰弱などで縄文文化に親しむことができました。

開催後のアンケートでは、貴重なご意見をいただきました。今後もいただいたご意見を反映させながら皆様により満足していただけるよう取り組んでまいります。

 

JOMON世界遺産講座